作業服はいつ着用する?季節で選ぼう!

暑い季節は吸水性や通気性を重視して選ぶ

夏の暑い時期の作業時に求められるのは涼しさです。吸水性や速乾性に優れた素材や通気性の高い素材を使っている作業服を選ぶようにすれば、汗をかいても蒸れたりすることなく、快適に作業することができます。ただし、暑い時期でも作業内容によっては薄手の作業着だと危険な場合があります。夏向けの作業服の中には、肌に触れるとひんやりする接触冷感タイプや作業服の中にファンが付いているタイプもあるので、厚手のしっかりした生地でもそういった工夫が施されている作業服を選ぶようにすれば快適に作業ができます。また、暑い屋外と室内との出入りが多いような場合は、涼しい室内での作業にも対応できるように、着脱しやすい形の作業服を選ぶようにすると良いでしょう。

寒い冬は暖かさや防水性の高さを重視して選ぶ

冬の作業服は暖かさというのが重要なポイントとなります。そのため、作業服を選ぶ時は保温性や防風性の高さを重要視するのがおすすめです。作業する場所によっては作業服だけでは寒い場合があるため、作業服の中にインナーを着用できるデザインを選ぶようにしたり、作業服の上に防寒コートを着用するといった工夫も必要と言えるでしょう。屋外の作業は寒さだけでなく、雨や雪のことも考えておかなければなりません。保温性や防風性の高さだけでなく、防水性や撥水性が高い作業服を選ぶようにするのもポイントです。また、冬の作業服は重ね着することを考えて大きめのサイズを選びがちですが、あまり大きすぎるサイズを選んでしまうと作業しにくくなることがあるので注意が必要です。

自分にぴったりとあった作業服を作るなら、作業服の通販サイトを利用しましょう。オリジナルのものが低価格で作れます。