作業服と他の服との違いについて

作業服と言えば、名前の通り作業をする際に着用する服ですが、そもそも普段私たちが着ている服とどのように違うのでしょうか?ここでは、作業服が持つ機能性やデザイン、お値段など、作業服の特徴についてお伝えします。

高い機能性!イマドキの作業服の実力

作業服の魅力は、何と言ってもその機能性の高さが挙げられます。作業服はゴテゴテとしたイメージが強いかもしれませんが、動きやすさを阻害しない素材が使われていたり、通気性を高めることで汗をかきやすい現場…

詳しくはこちら »

おしゃれなラインナップ!作業服のデザイン

作業服とはその名の通り、作業現場で着用するための衣類です。工場や建設現場、農作業や整備業など様々です。作業服に必要なことは、まずは何といっても快適さでしょう。身体を動かすことが多い各種作業現場で、…

詳しくはこちら »

仕事以外でも着たいスタイリッシュな作業服

作業服とはいわゆる仕事着で、働きやすさを重視して普段着や外出着とは区別されるものです。しかし、最近では機能性やデザイン性の高さが人気となり、日常着として人気を得ています。

気になる作業服の価格は?

作業服を着る意味とは?

様々な職種や日曜大工などで頻繁に登場するのが作業服です。一定の作業をする際に、他の服ではなく作業服を選ぶ理由はどういったところにあるのでしょうか。まず、作業服を着ることで安全性と機能性を望めるのが一番の要素です。これにファッション性が加わることで、仕事や作業のモチベーションが大きくアップします。現在はこの2つの要素を多岐にわたって追及したブランドが多数出ています。国内から海外ブランドまで目的と必要な機能から選べ、価格と相談しながらもかなりの選択肢があります。どんな点にこだわりを持つかを決めてアイテムを絞っていきましょう。まずは必要な機能を選びます。作業の種類により防水性や保温性、更に帯電防止や撥油性など各場面を想定して挙げてみると良いでしょう。

どんなアイテムや価格帯になる?

幅広い作業で活躍するのがデニムのカーゴパンツです。人気ブランドでも2,000円から5,000円程度でかなりの選択肢が見つかります。具体的に必要な機能性を見て選ぶといいでしょう。そして、ブルゾンなど会社やグループで揃えることでプロ意識の向上が期待できるのがトップスです。男女両方のサイズを取り揃えているブランドも多く、色や素材も多様で季節にも左右されますが、3,000円から6,000円の価格帯で一定の機能や複数の季節に対応するものが見つかります。また、作業服はひと目でその職種や企業を見分けられることが多々あります。作業服を着ることで内面は仕事モードになり、社会的にもその職種や会社のアピール材料となるのです。どこかにこだわりを持った作業服を選び、それに対応したアクセサリーを決めていくことで仕事への手ごたえがアップするでしょう。

使用する環境に合った作業服選びを